飲食部門の特徴

飲食部門はアリス食堂での営業を通じて調理・接客などの訓練をおこないます。また、実際にお客様と接することの多い部門になります。
また、移動販売車にて外部の施設やイベントなどへ出向き、食事を提供することもあります。

飲食部門の支援内容

厨房業務訓練(調理・配膳・片付け)

調理経験が無い方でも、包丁の使い方、野菜の切り方から指導します。調理は厨房での勤務を希望する方や将来的に一人暮らしや自立を目指す方には必要な技術です。
出来上がった蕎麦を盛りつけたり(配膳)、食べ終わった器を片付けて洗ったり(片付け)、アリス食堂の営業時間は11時〜14時までと短いですが、その間に手際よく作業をこなしていけるよう創意工夫が必要です。

接客訓練

実際のお客様に対して接客業務を行うことでビジネスマナーや社会性、コミュニケーション能力を身につけます。

移動販売車での営業訓練

飲食部門には2台の移動販売車『ボブ&アリス号』が整備されています。老人ホームや学童の昼食、スポーツ大会や地域のイベント等に移動販売車で出向き、その場で調理・接客をおこないます。
基本的にはアリス食堂での訓練に慣れてきた次の段階としておこなう訓練です。いつもの訓練場所とは違うところでで営業をおこなうので最初は戸惑ったり疲れてしまうかもしれませんが、実際に就労を目指す為の訓練としては経験しておかなければならないことだと考えています。

この部門でおこなう生産活動

  • ・アリス食堂や移動販売車での食事提供
  • ・お持ち帰り用そばセット

利用例

9:30〜10:00
営業準備
10:00〜11:15
調理
11:15〜11:30
接客・配膳
11:30〜13:30
営業
13:30〜14:15
昼食
14:15〜15:30
片付け・翌日準備
15:30
退所